研究室案内

機能分子構造解析学分野

Department of Structural Biology

スタッフ

教授 山縣 ゆり子yamagata(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 池水 信二ikemizu(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
助教 中村 照也tnaka(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp

研究テーマ

【研究プロジェクト名および概要】
  1. 核酸に関わる蛋白質の構造生物学的研究
  2. 免疫系細胞表面受容体及び基質蛋白質の構造生物学的研究
  3. シグナル伝達蛋白質の構造生物的研究
  4. 創薬の基盤としての構造生物学研究

生命現象は生体分子間や生体分子と生理活性分子間の相互作用や生体内反応が基本となっている。本研究分野は蛋白質をはじめとする生体高分子の立体構造に基づき、生体内相互作用や反応を原子レベルで調べ、生命の仕組みの本質を明らかにすること並びに創薬への応用を目的としている。蛋白質の立体構造決定には、最適な手法であるX線結晶構造解析法を用いている。研究対象としているのは、DNA、RNA、ヌクレオチドに関わる蛋白質、免疫応答に関わる蛋白質、情報伝達に関わる蛋白質である。例えばあるDNA修復酵素の結晶構造に基づき、生物学的、計算機科学的手法も加え、その基質認識と酵素反応機構を解明し関連の酵素の機能解明にも貢献している。

lb_04_01_t.jpg
btn_zoom.gif

突然変異抑制に働くMutT蛋白質は大きく構造変化して基質を認識することを示す。