薬学教育部長のあいさつ

薬学教育部長 outline_name_k.gif

img_yakugaku_k.jpg

 熊本大学薬学部は、通称「熊薬」として知られています。
 熊薬の歴史は今から約270年前の江戸時代に開設された「蕃慈園」という、薬園(薬草園)に遡ることができます。その当時、日本初の薬の学会が熊本で開催されました。日本で最も古い薬学部と言っても過言ではありません。そして、明治18年に私立、熊本薬学校が設立されました。その後、九州で唯一であることから九州薬学校などの変遷をへて、大正14年、日本で2カ所しか無い、今で言う国立の薬学専門学校になりました。当時の文部科学省は、熊本と富山を薬の専門家養成の中心にしました。当時、薬の専門家を養成する薬学専門学校の多くは、調剤だけを専門とする薬剤師養成だけでした。しかし、熊薬は、昭和20年、全国に先駆けて製薬学科の設置を行ないました。すなわち、薬剤師の養成だけでなく、創薬なども薬学の本来の使命であることを明示しました。昭和24年に熊本大学に統合された時には、薬剤学科と製薬学科の2学科制の薬学部として、スタートしました。その2学科制の流れが、現在の薬学科と創薬・生命薬科学科に継承されています。

 このような歴史ある熊薬は、独立した広大なキャンパスを有する、全国的にも稀有な環境を有しています。そのキャンパスで多種多様な薬用植物と希少植物を守り、育て、地域の皆様へ開放してきました。また、キャンパス内には、古い医書など貴重な歴史的資料や、世界の薬草などの展示もしています。さらに、日本一美しい薬草キャンパスを目指した「薬草パーク構想」を立ち上げ、熊大基金を活用した寄付活動もスタートしています。そのような背景もあり、平成28年度文部科学省「地域科学技術実証拠点整備事業」の採択を受け、キャンパス内に新たな研究棟の建設、さらには、平成29年度文部科学省「地域イノベーションエコシステム形成プログラム」の採択を受け、これらの事業の推進により、熊本における地域連携研究だけでなく、国際連携研究が大きく推進され、熊本から世界へのバイオビジネス産業の発信と、国富の増大が期待されてきています。薬学部は、創薬の専門家を養成するという重要な役割を担っています。未来の薬作りのためには、現在の医療で治せない病気を治すためには、創薬研究は極めて重要です。熊薬では今後ますます研究に力を注いでいきます。研究するということは、研究を通して人材を育てるということです。世界で活躍する創薬や生命科学の研究者を、そして第一線の研究ができる薬剤師も育てます。熊薬の財産は人です。熊薬の将来は、これから伸びていく若い諸君の双肩にかかっています。私たちは、無限の可能性をもった若いエネルギーに期待し、全力で支援していきます。若い諸君には、本気で頑張って、大きくはばたいていただきたいと思います。