医療薬学専攻 博士課程

カリキュラムの内容

医療薬学専攻では、社会が求める実践的な先導的薬剤師および臨床現場の薬剤師業務を理解する基礎薬学研究者、薬剤師の資格が必要な製造管理責任者等の研究開発管理者、治験コーディネーター、大学教員・研究者として活動する人材の養成を効果的に行うため、「臨床薬学コース」と「医療薬科学コース」の2コース制を採用した。本専攻では、医療人・薬学人として必要な内容を「臨床薬学コース」と「医療薬科学コース」の共通科目の必修科目として設定した。また、両コースに関連性の深い授業科目を共通授業科目の選択必修科目とした。一方、各コースに特徴のある授業科目のうち、共通性および重要度の高い授業科目を必修科目として設定し、より細やかな人材像に特化した内容の授業科目を各コースの選択必修科目とした。さらに、「臨床薬学コース」には社会が求める即戦力としての先導的薬剤師養成を目的として、2年次に1年間の病院または薬局実習のいずれかを課し、専門薬剤師・認定薬剤師または医療薬学全般に関して強力な指導力を発揮する指導薬剤士の養成を支援する授業科目を選択必修科目として設置した。このように、医療薬学専攻では人材養成目標にきめ細かく対応したカリキュラムを作成した。授業科目は次の通りである。

臨床薬学コース

科目
区分
授業科目の名称配当年次単位数授業形態専任教員配置
必修選択必修選択講義演習実習・実験教授准教授講師助教助手
共通
科目
生命倫理学特論 1前 2 1
医療薬学論文研究 1前 2 1 1
医療総合演習 1~4 2
医療実践演習 1~4 2
医療特別実験 1~4 10
副作用被害・医療訴訟特論 1前 2 1
臨床開発演習 1後 2 1
治験コーディネート演習 3前 2 2
薬剤疫学特論 3前 2 1
コース
科目1
専門薬剤師実習 2前後 8
実践臨床薬学実習 2前後 8
コース
科目2
地域医療連携特論 1後 2 1
医療経営学特論 1後 2 1
プライマリケア実習 1後 2 2
専門薬剤師特論 2前 2 1 1
TDM演習 3前 2 1 1
医薬品治験開発特論 3前 2 2

医療薬科学コース

科目
区分
授業科目の名称配当年次単位数授業形態専任教員配置
必修選択必修選択講義演習実習・実験教授准教授講師助教助手
共通
科目
生命倫理学特論 1前 2 1
医療薬学論文研究 1前 2 1 1
医療総合演習 1~4 2
医療実践演習 1~4 2
医療特別実験 1~4 10
副作用被害・医療訴訟特論 1前 2 1
臨床開発演習 1後 2 1
治験コーディネート演習 3前 2 2
薬剤疫学特論 3前 2 1
コース
科目
医療薬科学特論 1前 2 2 2
医療薬科学課題実習 1後 2 2 2
再生医療特論 1後 2 2
実践インターンシップ講座 2年 2
トランスレーショナル演習 3前 2 1 1
医薬品製造・臨床調剤実習 3前 2 1 1
医療ICT演習 3前 2 1 1