日本薬学会第142年会(名古屋)において、本学学部生・大学院生が学生優秀発表賞を受賞しました!

令和4年3月25日(金)~28日(月)に開催された、日本薬学会第142年会(名古屋)において、本学学部生・大学院生が学生優秀発表賞を受賞しました!

(学年は発表当時)

受賞者 :加藤 大雅(薬剤学分野 博士課程4年)受賞演題:CKD誘発サルコペニアにおける蛋白質過酸化物の関与とその分子機構解明受賞者 :浅野 聡文(分子薬化学分野 博士後期課程3年)受賞演題:キラルなリチウムビナフトラートを触媒とする不斉アルドール-Tishchenko反応の反応機構解析受賞者 :井上 雅理(製剤設計学分野 博士課程3年)受賞演題:シクロデキストリン修飾カチオン性デンドリマー/shRNA 複合体を用いた多段階阻害型アルツハイマー病治療薬の開発受賞者 :酒井 伽音(薬物治療学分野 薬学科5年)受賞演題:SLC5A2遺伝子多型がSGLT2阻害薬による血糖・体重減少作用に及ぼす影響に関する検討下記ホームページにも受賞に関する記事が記載されております。○日本薬学会第142年会(名古屋)https://confit.atlas.jp/guide/event/pharm142/static/prize