熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

イネ科
Poaceae
トウモロコシ
Zea mays L.
別名
トウキビ,ナンバン
トウモロコシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
英名
corn, maize
中国名
玉蜀黍
花期
6~7月
生薬名
①南蛮毛(ナンバンモウ),②膠飴(コウイ)【局】,③トウモロコシ澱粉
薬用部位

①雌蕊の柱頭(果実の毛),②デンプンを加水分解し糖化したもの,③種子から得たデンプン,④種子

成分

雌蕊の柱頭にフラボノイド(isoorientin, isovitexin, maysin

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • トウモロコシ 化学構造式1
  • トウモロコシ 化学構造式2
  • トウモロコシ 化学構造式3
産地と分布

熱帯アメリカの原産で,日本には安土桃山時代に渡来し,現在は食用,飼料用,工業原料用に各地で広く栽培される.

植物解説

一年草.草丈1 ~3 m.茎は直立し,単一で円柱形,有節.葉は互生し,狭長披針形で長さ50~60 cm.漸尖頭で先端は反曲し,洋紙質で下部は鞘状に抱茎する.茎の頂に雄性花を総状花序,茎の中位に雌性花を穂状花序に付ける.

薬効と用途

雌蕊の柱頭は利尿,利胆薬として腎臓疾患,妊娠時のむくみ,一般的な浮腫,肝炎,胆道結石,黄疸などに用いられる.デンプンを糖化したものは,胃腸系を調え強壮し,小建中湯,大建中湯などの漢方処方に配合される.種子から得た澱粉であるトウモロコシ澱粉は,医薬品の賦形剤をはじめ,食用,工業用と様々な利用法がある.種子から得たデンプンを麦芽汁などで加水分解し糖化したものは,膠飴(コウイ)という生薬で,健胃,鎮咳,強壮薬として用いられる.

イネ,コムギと並んで世界三大作物の一つ.