熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

リンドウ科
Gentianaceae
センブリ
Swertia japonica (Schult.) Makino
センブリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • センブリ
英名
No Information
中国名
日本当薬
花期
8~10月
生薬名
千振(センブリ)【局】,当薬(トウヤク)
薬用部位

全草

成分

イリドイド(swertiamarin, gentiopicroside),フラボノイド(swertisin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • センブリ 化学構造式1
  • センブリ 化学構造式2
  • センブリ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,中国に分布し,日当たりの良い草地,山野に生える.

植物解説

二年草.草丈20~25 cm.根は分岐し黄色.茎は基部から分枝するか単立し,4稜形で通常帯紫色.根生葉は小形で倒披針形,茎葉は対生し,広線形で長さ1.5~3.5 cm,鋭頭で全縁.枝先と葉腋に白色で紫色の条線のある花を多数円錐花序に付ける.

薬効と用途

苦味健胃作用があり,消化不良,食欲不振に用いる.また,煎液は頭じらみの除去のための洗髪料として,結膜炎の洗浄液として用いる.育毛剤としても利用される.
古くは,殺虫剤として肌着の染料にしてのみやしらみの防虫,屏風や襖を張る糊に混ぜて虫よけとして利用された.
センブリは中国にも自生するが,日本で独自に発達した民間薬であり,日本三大民間薬の一つ.