熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ナス科
Solanaceae
ハシリドコロ
Scopolia japonica Maxim.
別名
キチガイソウ,キチガイイモ,サワナス,オメキグサ,ホオズキグサ,ユキワリソウ
ハシリドコロ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ハシリドコロ
  • ハシリドコロ
英名
Japanese belladonna
中国名
東莨菪
花期
3~4月
生薬名
ロート根(ロートコン)【局】,莨菪根(ロウトウコン)
薬用部位

根茎および根

成分

アルカロイド((-)-hyoscyamine, atropine, (-)-scopolamine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ハシリドコロ 化学構造式1
  • ハシリドコロ 化学構造式2
  • ハシリドコロ 化学構造式3
産地と分布

本州,四国,九州に分布し,谷あいの湿った木陰に生える.

植物解説

多年草.茎は直立し,高さ30~60 cm.葉は楕円状卵形で先が尖る.葉腋から1個の花を下垂する.花は鐘形で外面暗紅紫色,内面淡緑紅色,先端は5浅裂する.

薬効と用途

根茎や根のエキス(ロートエキス)は消化液分泌抑制,鎮痙作用があり,胃痛,胃酸過多,消化性潰瘍の治療に用いる.毒性が極めて強く,劇薬に指定され医療用にしか用いられない.含有成分の硫酸アトロピンは散眼薬として用いられる.