熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
ノイバラ
Rosa multiflora Thunb.
別名
ノバラ
ノイバラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ノイバラ
  • ノイバラ
  • ノイバラ
  • ノイバラ
  • ノイバラ
  • ノイバラ
英名
multiflora rose
中国名
野薔薇
花期
4~5月
生薬名
①営実(エイジツ)【局】
薬用部位

①偽果(果実に見える部分),②花,③根

成分

偽果にフラボノイド(multiflorim A, B, multinoside A, B)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ノイバラ 化学構造式1
  • ノイバラ 化学構造式2
  • ノイバラ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮に分布し,原野,川岸などに普通に生える.

植物解説

落葉低木.野生バラの代表種.樹高約2 m.茎は斜上あるいは直立して盛んに分枝する.枝には鋭いトゲがある.葉は小葉のある奇数羽状複葉で,小葉は楕円形か広卵形で先端は尖る.白色か淡紅色の5弁花を円錐花序に付ける.偽果は球形で赤く熟する.真正の果実はツボ状の花床の中に5~10個入っている.

薬効と用途

偽果は峻下(強い下剤作用),利尿作用があり,日本の民間では古くから便秘や浮腫に用い,家庭薬に配合されることもある.また,腫れ物や座瘡には煎液で洗ったり冷湿布として用いたりする.花は中国で健胃薬,止血薬,便秘薬として用いる.根は下痢,関節痛,血便,糖尿病などに用いる.
バラ園芸の世界に房咲き性をもたらした原種.接木の台木としても利用される.