熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
ナルコユリ
Polygonatum falcatum A.Gray
別名
ホソバナナルコユリ,ハガクレナルコユリ,ノスズラン
ナルコユリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ナルコユリ
  • ナルコユリ
英名
Japanese Solomon’s seal
中国名
No Information
花期
4月
生薬名
黄精(オウセイ)【局】
薬用部位

根茎

成分

キノン(polygonaquinone),粘液質

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ナルコユリ 化学構造式1
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮に分布し,山地,山すそ,原野に生える.

植物解説

多年草.草丈50~80 cm.根茎は肥厚し,横臥して分枝し,節はやや接近する.茎は円柱状で上部は斜上する.葉は2裂互生し,披針形から狭披針形で長さ8~13 cm,鋭尖頭で鈍端,全縁.葉腋に3~5個ずつ緑白色花を散房状に下垂して付ける.

薬効と用途

滋養強壮,補気作用があり,胃腸虚弱や慢性の肺疾患,食欲不振,咳,糖尿病などに用いる.リウマチや痛風などで体が弱っている人にもよい.焼酎漬けは強壮作用があり,体力が付く.砂糖漬けにした黄精飴,焼酎漬けの黄精酒などがあり,江戸時代には滋養強壮薬としてブームになった.現在でも東北地方でエキスを配合した黄精飴が売られている.
よく似たアマドコロと違い,茎が丸く,より暗い場所に生える.