熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ナス科
Solanaceae
トウガラシ
Capsicum annuum L.
別名
コショウ,コウライコショウ,ナンバンコショウ
トウガラシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • トウガラシ
  • トウガラシ
  • トウガラシ
英名
capsicum pepper, chili pepper, red pepper
中国名
辣椒
花期
7~11月(年によってずれる)
生薬名
唐辛子(トウガラシ)【局】,辣椒(ラッショウ),蕃椒(バンショウ)
薬用部位

果実

成分

含窒素化合物(capsaicine),カロチノイド(cryptoxanthin, β-carotene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • トウガラシ 化学構造式1
  • トウガラシ 化学構造式2
  • トウガラシ 化学構造式3
産地と分布

南米の原産で,日本には天文11年(1542年)に渡来し,現在では広く各地で栽培されている.

植物解説

温帯栽培では一年草だが,熱帯では多年草で,やや低木状になる.草丈約60 cm.茎は多数分枝し,全体にやや無毛.葉は互生し,長柄で卵状披針形,尖頭で全縁.果実は披針形で長さ約5 cm,茎に上向きに付き,通常紅熟するが品種によって黄色,黒紫色に熟するものもある.

薬効と用途

食欲増進,消化促進,唾液分泌促進作用があり,粉末を服用する.また,皮膚刺激作用もあり,腰痛,筋肉痛,肩こり,リュウマチ,関節痛,神経痛にトウガラシチンキを塗る.トウガラシチンキは,刻んだトウガラシを4倍量のホワイトリカーに漬けて20~30日,冷暗所に置いたのち,布でこすとできる.
一般的に食用として用いられる.辛味がない品種のシシトウガラシやピーマンは野菜として食される.観賞用として植栽される品種もある.