熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

フウロソウ科
Geraniaceae
ゲンノショウコ
Geranium thunbergii Siebold ex Lindl. et Paxton
別名
フウロソウ,ウスゲゲンノショウコ,ミコシグサ,タチマチグサ,イシャゴロシ,ネコグサ
ゲンノショウコ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ゲンノショウコ
  • ゲンノショウコ
  • ゲンノショウコ
英名
cranesbill
中国名
中日老鸛草
花期
8~10月
生薬名
現証拠(ゲンノショウコ)【局】,老鸛草(ロウカクソウ)
薬用部位

全草

成分

タンニン(geraniin, elaeocarpusin),フラボノイド(quercetin, kaempferol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ゲンノショウコ 化学構造式1
  • ゲンノショウコ 化学構造式2
  • ゲンノショウコ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および中国,朝鮮,台湾に分布し,日当たりのよい山野や道端に普通に見られる.

植物解説

多年草.茎は匍匐し,多少直立,草丈30~50 cm.よく分枝する.葉は長柄があり,掌状に3~5 深裂.葉腋から細い花茎を出し,帯紅白色の2~3花を付ける.西日本では紫紅色が多い.果実は熟すると種子を飛ばす.

薬効と用途

ドクダミ,センブリとともに日本の三大民間薬の一つ.止瀉作用があり,様々な下痢に用いるが,長く(半量になるまで)煎じると下痢止め,短く煎じると緩下薬になり便秘にも応用される.また,霜焼け,腫れ物に煎液を外用し,扁桃腺炎,口内炎,歯痛には煎液でうがいする.冷え性,婦人病には浴湯料にする.冷え性,高血圧予防にもなる.