熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ショウガ科
Zingiberaceae
ガジュツ
Curcuma phaeocaulis Valeton
別名
ムラサキウコン,ガゼツ
ガジュツ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ガジュツ
  • ガジュツ
英名
zedoary
中国名
莪朮
花期
7~10月(幅あり)
生薬名
莪蒁(ガジュツ)
薬用部位

根茎

成分

セスキテルペン(curzerenone, curcumenol, furanodiene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ガジュツ 化学構造式1
  • ガジュツ 化学構造式2
  • ガジュツ 化学構造式3
産地と分布

マレーシア,インド,ヒマラヤ原産で,インド,スリランカ,東インド諸島,中国南部,および沖縄,奄美大島,屋久島で薬用に古くから栽培されている.

植物解説

多年草.草丈1 m内外.根茎は広卵形で肥厚している.葉は長柄があり,長楕円形で先が尖り,脚部が狭くなる.穂状花序を根出し,各苞に淡黄色の花を開く.

薬効と用途

芳香性健胃,駆風,鎮痛,通経作用があり消化不良,腹部膨満感,生理不順などに用いる.腫瘍やガンの治療にも用いるが,流産の可能性が高いので妊婦の使用は避ける.家庭薬にもよく配合される.
根茎から澱粉を得ることができる.若い葉鞘の芯を生食あるいは調理して食べる地方がある.