熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
カギクルマバナルコユリ
Polygonatum sibiricum Delar. ex Redouté
カギクルマバナルコユリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • カギクルマバナルコユリ
  • カギクルマバナルコユリ
英名
huang jing
中国名
黄精
花期
5月
生薬名
黄精(オウセイ)【局】
薬用部位

根茎

成分

フラボノイド(nicotiflorin, rutin, sophorabioside)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • カギクルマバナルコユリ 化学構造式1
  • カギクルマバナルコユリ 化学構造式2
  • カギクルマバナルコユリ 化学構造式3
産地と分布

中国,モンゴル,ダフリアに分布し,山地の低木林などに生える.

植物解説

多年草.草丈50~90 cm.根茎は横に伸び,茎は直立するが上部は他に巻き付く.葉は無柄で線状披針形,4~6枚が輪生する.花は腋性で,2~4個の散形花序となり,白か淡黄色をしている.液果は球形,熟すと黒紫色.

薬効と用途

滋養強壮,補気作用があり,胃腸虚弱や慢性の肺疾患,食欲不振,咳,糖尿病などに用いる.リウマチや痛風などで体が弱っている人にもよい.焼酎漬けは強壮作用があり,体力が付く.