熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

トウダイグサ科
Euphorbiaceae
アカメガシワ
Mallotus japonicus (L.f.) Müll.Arg.
別名
ゴサイバ,サイモリバ,アカベ,アメコサイバ,ショウグンボク
アカメガシワ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • アカメガシワ
  • アカメガシワ
  • アカメガシワ
英名
Japanese mallotus
中国名
野梧桐
花期
5~6月
生薬名
①赤目柏(アカメガシワ)【局】・将軍木皮(ショウグンボクヒ)
薬用部位

①樹皮,②葉,③茎

成分

樹皮にタンニン(bergenin, putranjivain A, (+)-catechin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • アカメガシワ 化学構造式1
  • アカメガシワ 化学構造式2
  • アカメガシワ 化学構造式3
産地と分布

本州から九州,沖縄,および朝鮮,台湾,中国南部の丘陵地に分布し,普通に見られる.

植物解説

落葉小高木.樹高約5 m.幹は分枝して繁茂し,樹皮は褐色.葉は互生,倒卵円形で3浅裂し,ときに波状か全縁で長さ10~20 cm,鋭頭.雌雄異株で梢先に黄色の花を多数総状か円錐花序に付ける.

薬効と用途

日本の代表的な民間薬の一つである.樹皮は健胃作用があり,胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃酸過多胃部不快感などに用いる.肝臓病,糖尿病などにも用いる.葉は腫れ物,痔に煎液を服用したり,患部を洗ったりして用いる.皮膚炎やリウマチ,神経痛には樹皮,葉,茎を浴湯料にする.
カシワとは近縁ではないが,カシワと同様に葉は団子を包むのに用いられた.