熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
ヨモギ
Artemisia indica Willd. var. maximowiczii (Nakai) H.Hara
別名
カズザキヨモギ
ヨモギ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヨモギ
  • ヨモギ
  • ヨモギ
英名
Japanese mugwort
中国名
魁蒿
花期
9~10月
生薬名
①艾葉(ガイヨウ)【局】
薬用部位

①葉および枝先,②全草

成分

モノテルペン(cineol, thujone),セスキテルペン(caryophyllene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヨモギ 化学構造式1
  • ヨモギ 化学構造式2
  • ヨモギ 化学構造式3
産地と分布

本州から九州,小笠原諸島,朝鮮に分布し,山野に普通に見られる.

植物解説

多年草.草丈60~120 cm.根茎は横走し匐枝を出す.茎は叢生し縮毛がある.葉は互生,楕円形で長さ6~12 cm,羽状中~深裂し裂片は2~4対で長楕円状披針形.円錐形の複総状花序に管状花のみからなる淡褐色の頭花を多数付ける.

薬効と用途

民間薬として各地で用いられ,切り傷の出血,虫刺されなどに生の葉の汁を塗る.冷え,腰痛,痔には浴湯料とする.全草は腹痛,貧血,下痢,便秘,神経痛,リウマチ,腰痛,食あたりなどに煎服する.若葉の青汁は高血圧,動悸,息切れに良い.漢方では葉を温補,止血作用を目的として腹部の冷痛,鼻血,吐血,下血などに用いる.特に婦人科系の止血薬や安胎薬として知られる.漢方処方では,芎帰膠艾湯などに配合される.葉の裏の毛はモグサの原料として知られる.

葉は草餅の材料をはじめ食用になる.