熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

シソ科
Lamiaceae
メハジキ
Leonurus japonicus Houtt.
別名
ヤクモソウ
メハジキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • メハジキ
英名
Chinese motherwort
中国名
益母草
花期
7~9月
生薬名
①益母草(ヤクモソウ)【局】,②茺蔚子(ジュウイシ)
薬用部位

①花期の地上部,②種子

成分

アルカロイド(leonurine, stachydrine)、フラボノイド(rutin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • メハジキ 化学構造式1
  • メハジキ 化学構造式2
  • メハジキ 化学構造式3
産地と分布

本州から琉球諸島、および台湾,朝鮮,中国などの温帯から亜熱帯の日当たりのよい原野や道端に生える.

植物解説

二年草.草丈50~150 cm.茎は直立,四角形で葉とともに白毛を密生する.根生葉は長柄で卵状心形,鈍鋸歯縁.花時にはない. 和名は目弾きの意味で子供が茎を短く切り,まぶたに張り付けて目を開かせて遊ぶのでいう.

薬効と用途

開花期の地上部は駆瘀血(体の血の滞りを治す)作用があり,月経不順,生理痛,産後のめまいなどに用いる.利尿作用もある.漢方処方には芎帰調血飲,芎帰調血飲第一加減などに配合されている.種子も婦人薬としてもちるほか,むくみや眼疾患に用いる.