熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒユ科
Amaranthaceae
ヒナタイノコズチ
Achyranthes bidentata Blume var. fauriei (H.Lév. et Vaniot)
別名
ヒナタノイノコズチ
ヒナタイノコズチ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヒナタイノコズチ
  • ヒナタイノコズチ
英名
Japanese chaff flower
中国名
No Information
花期
8~9月
生薬名
①牛膝(ゴシツ)【局】
薬用部位

①根,②全草

成分

ステロイド(inokosterone),サポニン(chikusetsusaponin類)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヒナタイノコズチ 化学構造式1
  • ヒナタイノコズチ 化学構造式2
  • ヒナタイノコズチ 化学構造式3
産地と分布

本州,四国,九州に分布し,道端,やぶなどに生える.

植物解説

多年草.草丈40~90 cm.根はひげ根状で肥厚する.茎は直立,分枝は対生し,節部は紫色.毛がやや多い.葉は楕円形か広卵形で対生し,葉柄は紫色を帯び,短鋭尖頭.茎の先や葉腋から穂状花序を出し,多数の緑色の小花を多数開く.

薬効と用途

根は通経,鎮痛,利尿作用があり,月経不順,産後出血,腰痛や関節痛,リウマチ,神経痛,打撲,小便難渋などに用いる.漢方処方では,折衝飲,芎帰調血飲,牛膝散などに配合される.外陰部の炎症には乾燥した全草の煎液で患部を洗う.
路傍の雑草として知られる.