熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

モクレン科
Magnoliaceae
ハクモクレン
Magnolia denudata Desr.
ハクモクレン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ハクモクレン
  • ハクモクレン
  • ハクモクレン
  • ハクモクレン
  • ハクモクレン
英名
Yulan magnolia
中国名
玉蘭
花期
3~5月
生薬名
辛夷(シンイ)【局】
薬用部位

花蕾

成分

フェニルプロパノイド(methylchavicol),モノテルペン(α-pinene, cineole)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ハクモクレン 化学構造式1
  • ハクモクレン 化学構造式2
  • ハクモクレン 化学構造式3
産地と分布

中国原産.

植物解説

落葉高木.樹高5~15 m.幹は直立して分枝する.葉は互生し,短柄があり広くさび形か倒卵形で長さ約10 cm,鈍頭で短凸端,全縁で厚質.枝先に大形の白色の花を付け,日照によって開き芳香がある.

薬効と用途

鼻や頭の症状を改善する作用があり,頭痛,頭重,鼻閉,蓄膿症,鼻炎などに用いる.漢方では葛根湯加川芎辛夷,辛夷清肺湯などに配合されている.
中国原産だが日本には古く渡来し,現在は各地で観賞用に栽培される.