熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
ジャノヒゲ
Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl.
別名
リュウノヒゲ
ジャノヒゲ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ジャノヒゲ
  • ジャノヒゲ
  • ジャノヒゲ
英名
dwarf lily turf, snake’s-beard
中国名
麦冬
花期
8~9月
生薬名
麦門冬(バクモンドウ)【局】
薬用部位

根の膨大部

成分

サポニン(ophiopogonin 類),フラボノイド(ophiopogonone 類)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ジャノヒゲ 化学構造式1
  • ジャノヒゲ 化学構造式2
  • ジャノヒゲ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および中国,朝鮮に分布し,山地の樹陰などに生え,時に人家で栽培される.

植物解説

多年草.根茎は太く匐枝を出し,根は一部が紡錘状に肥厚する.葉は根生で叢生し,線形から広披針形で長さ30~40 cm,やや直立し鈍頭.葉間から花茎を単生し,総状花序に広鐘形の淡紫色または白色の花をやや密に付ける.種子は球形で碧色.

薬効と用途

鎮咳去痰,清熱などの作用があり,乾燥性の咳や粘り気のある痰が出る症状に良い.口渇,寝汗,便秘,煩躁,不安感,動悸などにも応用される.漢方処方では麦門冬湯,竹茹温胆湯,温経湯などに配合される.
庭園の下草として,「龍のヒゲ」の名で植えられる.