熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ミズキ科
Cornaceae
サンシュユ
Cornus officinalis Siebold et Zucc.
別名
ハルコガネバナ,アキサンゴ
サンシュユ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • サンシュユ
  • サンシュユ
  • サンシュユ
英名
dogwood tree
中国名
山茱萸
花期
3月
生薬名
山茱萸(サンシュユ)【局】
薬用部位

偽果の果肉

成分

イリドイド(loganin, sweroside),タンニン(trapain)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • サンシュユ 化学構造式1
  • サンシュユ 化学構造式2
  • サンシュユ 化学構造式3
産地と分布

中国,朝鮮の原産といわれ,日本には享保年間に渡来し,現在は花木や庭木などとして植栽される.

植物解説

落葉小高木.樹高約4 m,幹は多数分枝する.枝は無毛で円柱状.葉は対生し,狭卵形か狭楕円形で長さ4~10 cm,全縁で鋭尖頭,裏面中脈の脈腋に黄褐色軟毛がある.葉が展開する前に,前年枝の先端に20~30花がほぼ散状に集まって付く.

薬効と用途

強壮作用があり,頻尿,寝汗,足腰の痛み,疲労などに用いる.漢方処方では八味地黄丸,六味地黄丸,牛車腎気丸などに配合される.果実酒は強壮,強精薬として知られる.
観賞用として庭園に植栽される.