熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
サンザシ
Crataegus cuneata Siebold et Zucc.
別名
サモモ
サンザシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • サンザシ
  • サンザシ
  • サンザシ
英名
Japanese hawthorn
中国名
野山楂
花期
4月
生薬名
山査子(サンザシ)【局】
薬用部位

偽果

成分

フラボノイド(quercetin, hyperoside),青酸配糖体(amygdalin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • サンザシ 化学構造式1
  • サンザシ 化学構造式2
  • サンザシ 化学構造式3
産地と分布

中国中南部原産.

植物解説

落葉低木.樹高1~2 m.分枝は多く小枝は変化してトゲになる.葉は有柄,鋸歯のある楕円形で互生.白色の花を枝先に散房花序に付ける.果実は10月頃,直径1~2 cmの球形で紅塾または黄熟する.中国では果実が食される.

薬効と用途

消化促進,整腸,健胃作用がある.特に肉類の消化を助ける.漢方処方では,啓脾湯,加味平胃散,化食養脾湯などに配合される.
日本では庭木,盆栽用に栽培される.果実は甘酸っぱくジュース,菓子,ジャムなどに加工される.また,魚を煮るときに一緒に似ると骨まで軟らかくなる.