熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

モクレン科
Magnoliaceae
コブシ
Magnolia kobus DC.
別名
ヤマアララギ,コブシハジカミ
コブシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コブシ
  • コブシ
  • コブシ
  • コブシ
  • コブシ
  • コブシ
  • コブシ
  • コブシ
英名
Japanese willow-leaf magnolia
中国名
日本辛夷
花期
2~3月
生薬名
辛夷(シンイ)【局】
薬用部位

成分

フェニルプロパノイド(methylchavicol),モノテルペン(α-pinene),アルカロイド((+)-coclaurine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • コブシ 化学構造式1
  • コブシ 化学構造式2
  • コブシ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮南部に分布し,山地に生え,庭木としても植栽される.

植物解説

落葉高木.樹高20 m.樹皮は灰色で小枝は緑色,折ると香気を放つ.葉は互生で短い葉柄を持つ.新葉の出る前に枝先に径10~15 cmの花を付け,日が当たると平開し,香気がある.
和名は拳の意味で,蕾の形に基づいたものとされる.身を噛むと辛味があるので,昔はヤマアララギ,コブシハジカミとよばれた.

薬効と用途

鼻や頭の症状を改善する作用があり,頭痛,頭重,鼻閉,蓄膿症,鼻炎などに用いる.漢方処方では葛根湯加川芎辛夷,辛夷清肺湯などに配合されている.虫歯の痛みには乾いた蕾を口に含む.
花木として観賞用に植栽される.コブシは日本固有種で中国には自生しない.