熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ミカン科
Rutaceae
ゴシュユ
Tetradium ruticarpum (Juss.) T.G.Hartley
別名
ニセゴシュユ
ゴシュユ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ゴシュユ
  • ゴシュユ
  • ゴシュユ
  • ゴシュユ
英名
medicinal evodia
中国名
呉茱萸
花期
7~8月
生薬名
①呉茱萸(ゴシュユ)【局】
薬用部位

①果実,②葉

成分

① にはアルカロイド(evodiamine, rutaecarpine),トリテルペン(evodol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ゴシュユ 化学構造式1
  • ゴシュユ 化学構造式2
  • ゴシュユ 化学構造式3
産地と分布

中国原産で,享保年間に日本に渡来し,薬木として各地に植栽される.日本にあるのは雌木だけである.

植物解説

落葉低木.樹高3 mに達する.葉は対生し,7~8個の小葉からなる奇数羽状複葉,小葉は楕円形,長さ10 cm内外,全縁.先端は急に尖り,葉裏や葉柄に柔毛あり,雌雄異株.円錐花序を出し,緑白色の小さな花を付ける.果実は紫赤色.

薬効と用途

果実は体を温め胃の働きをよくする作用があり,胃内停水,吐き気,頭痛などに用いる.漢方処方では呉茱萸湯,温経湯,当帰四逆加呉茱萸生姜湯などに配合されている.果実の新しいものは嘔吐を催すことが多いので,採取後1年以上経過したものを用いる方がよい.根は駆虫作用があり,回虫,ぎょう虫の駆除に用いる.葉は鎮痛作用がある.果実と葉は浴湯料としてもよい.
熊本県山都町(旧矢部町)では平成の初期まで栽培,出荷されていた.日本最後の生産地であった.