熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マメ科
Fabaceae
クズ
Pueraria lobata (Willd.) Ohwi
別名
カンネカズラ
クズ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クズ
  • クズ
  • クズ
  • クズ
英名
Japanese kudzu vine, kudzu
中国名
葛,葛藤
花期
8~9月
生薬名
①葛根(カッコン)【局】,②葛花(カッカ)
薬用部位

①根,②花,③葉

成分

にフラボノイド(puerarin, daidzein),サポニン(kudzusaponin),澱粉

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • クズ 化学構造式1
  • クズ 化学構造式2
  • クズ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,中国,ウスリーほか東アジア温帯地方に分布し,山野,向陽の土手などに生える.

植物解説

つる性木本.茎は基部が木質で著しく伸長して匍匐し,長さ10 mに達する.葉は互生し,長柄のある3出羽状複葉で,頂小葉は菱状円形,急鋭尖頭で,ときに3裂し,長さ10~15 cm,側小葉はしばしば2列する.紅紫色花を多数,総状花序に密生する.

薬効と用途

カゼの治療,筋肉のこわばりの治療,止瀉(下痢止め)などの作用があり,カゼの初期,首や肩の凝り,下痢などに用いる.漢方処方では葛根湯,葛根湯加川芎辛夷,独活葛根湯などに配合される.花は二日酔いの妙薬として知られる.高血圧や糖尿病には葉の青汁を飲む.
根から取られた葛澱粉は葛粉として知られるが,現在「葛粉」として売られているものはジャガイモ,サツマイモの澱粉である.葛100%のものは「本葛」と表記され価格も高い.