熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
クサスギカズラ
Asparagus cochinchinensis (Lour.) Merr.
別名
テンモンドウ
クサスギカズラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クサスギカズラ
  • クサスギカズラ
  • クサスギカズラ
  • クサスギカズラ
英名
Chinese asparagus
中国名
天門冬
花期
5月
生薬名
天門冬(テンモンドウ)【局】
薬用部位

コルク層を除いた根を蒸したもの

成分

サポニン(asparasaponin I, protodioscin, officinalisnin II, Aspacochinoside N, O, P),多糖類

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • クサスギカズラ 化学構造式1
  • クサスギカズラ 化学構造式2
  • クサスギカズラ 化学構造式3
産地と分布

関東南部から沖縄,および台湾,中国の暖帯,亜熱帯に分布し,主に海岸の砂地に生える.

植物解説

つる性の多年草.短い根茎に,紡錘形に肥大した多数の塊茎が束生する.茎は下部が木化し,上部はつる性となって他物に巻きつく.分枝がきわめて多く,葉のように見えるのは葉状枝である.細枝に付く葉は広卵形,膜質で小さく,太枝に付く葉は外曲するトゲに変化している.葉腋に淡黄色の小花を2~3個ずつ付ける.果実は小球形で,中に黒い種子が1個ある.

薬効と用途

鎮咳去痰,清熱作用があり,乾燥性の咳や粘り気のある痰が出る症状に用いる.漢方処方では滋陰降火湯,清肺湯などに配合される.民間では,焼酎漬けや蜂蜜漬けを滋養強壮,虚弱体質の改善,咳止めなどに用いる.
若菜や根はよくさらして食用にすることがある.肥大した紡錘根は砂糖漬けにして食べられる.