熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
オオオバナオケラ
Atractylodes macrocephala Koidz.
別名
ビャクジュツ
オオオバナオケラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオオバナオケラ
英名
No Information
中国名
白朮
花期
9~10月
生薬名
白朮(ビャクジュツ)【局】
薬用部位

根茎

成分

セスキテルペン(atractylon, selina-4(14), 7(11)-dien-8-one, atractylenolide I)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オオオバナオケラ 化学構造式1
  • オオオバナオケラ 化学構造式2
  • オオオバナオケラ 化学構造式3
産地と分布

中国に分布し,山地の斜面,低木林の林内,林縁に生える.

植物解説

多年草.草丈30~80 cm.根茎は肥厚し,拳状で外皮は灰黄色.茎葉直立し,上部で分枝する.葉は互生し,下葉は長柄があり,3裂か羽状に5深裂.茎の頂に紫紅色の筒状花だけの頭花を単生する.

薬効と用途

オケラとともに白朮の基原植物である.健胃,利水(体の水分代謝を調える)作用があり,食欲不振,腹部膨満,下痢などの症状に用いる.漢方処方では帰脾湯,半夏白朮天麻湯などに配合される.同属のホソバオケラの根茎は蒼朮と呼ばれ,白朮と使い分けがなされるが,用法に混乱が見られる.一般的に,白朮は蒼朮よりも健胃作用が強く,利水作用は弱いとされる.
大きく赤い頭花が美しく,日本では山野草店で販売されることがある.