熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウコギ科
Araliaceae
ウド
Aralia cordata Thunb.
別名
オオバウド
ウド
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ウド
  • ウド
  • ウド
  • ウド
英名
udo
中国名
食用土当帰
花期
9~11月
生薬名
独活(ドクカツ,ドッカツ)【局】
薬用部位

根茎

成分

ジテルペン(kaurenoic acid, pimaric acid),クマリン(osthol, angelicone, xanthotoxin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ウド 化学構造式1
  • ウド 化学構造式2
  • ウド 化学構造式3
産地と分布

北海道~九州,およびサハリン,朝鮮,中国に分布し,山野に生え畑に栽培される.

植物解説

草丈1.5 m内外.茎は直立し,太い円柱形でまばらに分枝する.葉は互生し,長柄で2回羽状複葉,小葉は卵形で鋸歯縁.雌雄異株で茎上部の大形散形花序に淡緑色の小さな花を多数付ける.果実は液果様の核果で黒熟する.

薬効と用途

カゼの治療,鎮痛作用などがあり,カゼや頭痛,腰痛,関節痛,神経痛などに用いる.漢方処方では独活葛根湯,荊防敗毒湯,清上蠲痛湯などに配合される.
若い茎は山菜として親しまれ,現在は関東地方を中心に軟化栽培が行われている.