熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウマノスズクサ科
Aristolochiaceae
ウスバサイシン
Asarum sieboldii Miq.
別名
サイシン、ニホンサイシン,カワリウスバサイシン
ウスバサイシン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ウスバサイシン
英名
Siebold’s wild ginger
中国名
薄葉細辛
花期
3~4月
生薬名
細辛(サイシン)【局】
薬用部位

根および根茎

成分

フェニルプロパノイド(methyleugenol),モノテルペン(α-, β-pinene, asarinol A),リグナン((-)-asarinin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ウスバサイシン 化学構造式1
  • ウスバサイシン 化学構造式2
  • ウスバサイシン 化学構造式3
産地と分布

本州,九州,朝鮮,中国に分布し,山林の樹陰に生える.

植物解説

多年草.根茎は多節,節間は短い.葉は通常2個根生し,心形か腎心形で幅は5~10 cm,両面に短毛があり多くは急鋭頭,全縁.開葉前に葉間に無花弁で暗紫色のつぼ状の花を単生する.

薬効と用途

去寒,鎮痛,鎮咳,去痰,解熱,鎮静作用がある.漢方処方では,小青龍湯,麻黄附子細辛湯などに配合される.
ウスバサイシンが属するカンアオイ属は,日本に多くの種が分布する.古典園芸植物として葉の模様,花の色や形が珍重され,現在でも高値で取引されるものがある.そのため,絶滅が危惧されている種も多い.