熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ショウガ科
Zingeberaceae
ウコン
Curcuma longaL.
ウコン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ウコン
  • ウコン
  • ウコン
英名
turmeric
中国名
姜黄
花期
8~11月
生薬名
鬱金(ウコン)【局】
薬用部位

根茎

成分

ジアリルヘプタノイド(curcumin),セスキテルペン(α-, β-turmerone, (+)-ar-turmerone)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ウコン 化学構造式1
  • ウコン 化学構造式2
  • ウコン 化学構造式3
産地と分布

熱帯アジア原産.

植物解説

多年草.草丈40~50 cm.根茎は多肉で黄色.葉は数個2列に互生し,長い柄が立つ.葉間から高さ20 cmほどの花穂を出す.花穂は多数の淡緑色の苞葉が積み重なり,上方の物は先端が淡紫紅色で,花は黄色.

薬効と用途

一般的には芳香性健胃薬,利胆薬として知られる.漢方では体の気を巡らせる,瘀血(血の滞り)を解消するなどを目的として,胸腹部の痛み,月経痛などに用いられる.一般用漢方処方では,痔や痒みに外用される中黄膏にのみ配合される.
根茎を乾燥して砕き,繊維を除いたものには香味もあり,カレー粉や沢庵漬の色付けに井利用される.若い根茎や葉鞘は矯味料として利用される.
黄染草(きぞめぐさ)ともいわれ,乾燥した根茎を用いた木綿を鬱金木綿と称する.反物や古美術の包み,幼児の下着などに用いられた.