熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
アンズ
Armeniaca vulgaris Lam. var. ansu (Maxim.) T.T.Yü et L.T.Lu
別名
カラモモ
アンズ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • アンズ
  • アンズ
  • アンズ
英名
apricot
中国名
野杏
花期
3月
生薬名
①杏仁(キョウニン)【局】
薬用部位

①種子,②果肉

成分

①に青酸配糖体(amygdalin),ステロイド(estrone, estradiol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • アンズ 化学構造式1
  • アンズ 化学構造式2
  • アンズ 化学構造式3
産地と分布

中国北部原産で,世界各地で果樹として栽培される.日本での生産地は長野県と青森県で,冷涼で生育期間中に比較的乾燥する地帯を好む.

植物解説

落葉小高木.樹高5 mくらい.樹皮は堅い.葉は互生し,卵円形あるいは広楕円形,先端は尖る.葉より先に淡紅色で5弁の花を開く.

薬効と用途

種子(杏仁)は鎮咳,去痰薬として喘息,気管支炎などの様々な咳,呼吸困難に用いることができる.また,乾燥した便,体のむくみなどにもよい.漢方処方では,麻黄湯,麻杏甘石湯,五虎湯などに配合される.わきがには果肉とミョウバンを煎じて患部に塗布する.杏仁から搾った油(杏仁油)は,良質の軟膏基剤として,化粧品等に用いられる.
果実は生のまま食べられる.種子は杏仁豆腐の香り付けに用いられる.