熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

モクレン科
Magnoliaceae
ホオノキ
Magnolia obovata Thunb.
別名
ホウノキ
ホオノキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ホオノキ
  • ホオノキ
  • ホオノキ
英名
Japanese umbrella tree
中国名
日本厚朴
花期
4~5月
生薬名
①厚朴(コウボク)【局】
薬用部位

①樹皮,②種子,③葉

成分

セスキテルペン(β-eudesmol),セスキテルペン(caryophyllene),アルカロイド(magnocurarine, magnoflorine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ホオノキ 化学構造式1
  • ホオノキ 化学構造式2
  • ホオノキ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および中国に分布し,山地,丘陵地に生え,庭園樹,公園樹,建築材などに植栽される.

植物解説

落葉高木.樹高15~20 m.幹は直立し,まばらに分枝する.樹皮は灰白色で裂け目がなく,円形の皮目が散生する.葉は枝先に集まって互生し,倒卵形か倒卵状長楕円形で長さ20~40 cm,円頭凸端で全縁.枝先に大型の黄白色花を付ける.

薬効と用途

樹皮は健胃,鎮咳作用などがあり,腹部膨満感や消化不良,便秘,嘔吐,咳などに用いる.また,体の気の巡りを良くし,精神的な要因で起こる梅核気といわれる症状(喉に物が引っかかったような違和感),ストレス性胃潰瘍などに良い.漢方処方は半夏厚朴湯,柴朴湯,平胃散などに配合される.種子はカゼや腹部のガスに,夏に採取した葉は乾燥,黒焼きにして粉末にしたものを酢で練ってリウマチの患部に貼る.
岐阜県飛騨地方の「朴葉味噌」はホオノキの香りを楽しむ郷土料理である.