熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ケシ科
Papaveraceae
エンゴサク
Corydalis turtschaninovii Besser f. yanhusuo Y.H.Chuo et C.C.Hsu
別名
チョウセンエンゴサク
エンゴサク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • エンゴサク
  • エンゴサク
  • エンゴサク
英名
No Information
中国名
延胡索
花期
3~4月
生薬名
延胡索(エンゴサク)【局】
薬用部位

塊茎

成分

アルカロイド((±)-tetrahydropalmatine, (‐)-tetrahydrocoptisine, (+)-glaucine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • エンゴサク 化学構造式1
  • エンゴサク 化学構造式2
  • エンゴサク 化学構造式3
産地と分布

中国各地で栽培される.

植物解説

多年草.草丈10~20 cm.塊茎は扁球状,径0.5~2.5 cm,内部は黄色,茎は繊細で折れやすい.茎生葉は互生,2回3出複葉,小葉は長さ2~3.5 cm全縁,辺縁は時に微紅色を帯びる.4弁の紅紫色の花を付ける.

薬効と用途

鎮痛,駆瘀血(体の血の滞りを治す)作用があり,関節痛,腹痛,生理痛などの各種痛みの疾患や,月経不順などに用いる.漢方処方では,安中散,折衝飲,牛膝散などに配合される.