熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ミソハギ科
Lythraceae
ミズキカシグサ
Rotala rosea (Poir.) C.D.K.Cook
別名
タイワンキカシグサ
ミズキカシグサ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ミズキカシグサ
  • ミズキカシグサ
英名
rosy Rotala
中国名
五蕊節節菜,五蕊水豬母乳
花期
8~11月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州~沖縄,および朝鮮,中国,東南アジア,南アジア,アフガニスタンに分布し,水田や湿地に生える.

植物解説

一年草.草丈10~30 cm.茎は基部から直立し,多くの枝を分ける.葉は対生し,柄はなく,披針形で先は鋭形,長さ0.6~2.5 cm,幅約2~5 mm.花は茎の上部と枝の葉腋に付き,柄がなく帯紅色.さく果は球形で,紅紫色を帯び,径約2 mm.

薬効と用途

水田の基盤整備,農薬使用により各地で減少している.熊本県では水俣市の1カ所でわずかな個体数が見られるのみである.