熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

カヤツリグサ科
Cyperaceae
ホタルイ
Schoenoplectiella hotarui (Ohwi) J.D.Jung et H.K.Choi
ホタルイ
英名
No Information
中国名
細秆蛍藺
花期
7~10月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

北海道~九州,沖縄本島,および朝鮮南部,中国東北部に分布し,山地の湿地に生える.

植物解説

多年草.叢生し,匍匐根茎は無い.有花茎は20~60 cm.葉身は有花茎に続き1枚,長さ長さ5~10 cm.花序は仮側生し,少数の無柄の小穂からなり,頭状.小穂は卵形,長さ8~15 mm,幅5~8 mm,鈍頭.鱗片は広卵形,長さ3~4 mm,円頭で微突端.そう果は広倒卵形,長さ2 mm,横断面は扁3稜形.刺針状花被片はそう果と同長か少し長い.柱頭は3岐する.

薬効と用途

イヌホタルイとよく似ている.イヌホタルイは小穂が狭卵形(本種は卵形),柱頭がほとんど2岐(本種は3岐),刺針状花被片がそう果と同長または短い(本種は同長か少し長い)ことで区別できる.