熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒメシダ科
Thelypteridaceae
テツホシダ
Thelypteris interrupta (Willd.) K.Iwats.
テツホシダ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • テツホシダ
  • テツホシダ
  • テツホシダ
英名
Hottentot fern, swamp shield-fern
中国名
鐵毛蕨
花期
花は付けない
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州伊豆半島~沖縄,および世界の熱帯,亜熱帯に分布し,低地の向陽の湿地に生える.

植物解説

多年草.根茎は長く横走する.葉柄は長さ20~40(~80)cm,基部は黒っぽく,まばらに鱗片がある.鱗片は三角状長楕円形,ほぼ全縁,辺縁にわずかに毛がある.葉身は広披針形,長さ30~50 cm,幅10~20 cm,下部の羽片は最大ではない.葉質は柔らかい革質.胞子嚢群は円形から長楕円形,裂片の辺縁に近く付く.包膜は円腎形,辺縁に毛がある.

薬効と用途

琉球諸島では比較的よく見られるが,日本本土では稀である.熊本県内で確実に見られるのは熊本市,山鹿市,天草市の3カ所だけである.