熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

イネ科
Poaceae
ツクシガヤ
Chikusichloa aquatica Koidz.
別名
チクシガヤ
ツクシガヤ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ツクシガヤ
  • ツクシガヤ
英名
No Information
中国名
山澗草
花期
8~10月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州と九州の一部,および中国に分布し,水湿地に稀に生える.

植物解説

多年草.短い根茎があって株を作り,高さ1~1.2 mになる.葉身は線形で長さ30~70 cm,幅8~12 mm,薄く,細かくざらつく.円錐花序を頂生して直立し,長さ40~50 cm,幅20 cm位.小穂は長さ3 mm,基盤は細く,長さ5~6 mm,芒は長さ5~6 mm.小穂は基盤とともに脱落する.

薬効と用途

熊本県人吉市に在住の前原勘次郎氏により初めて採集され,1925年に新属新種として発表された.国内数ヵ所に隔離分布する希少植物.