熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
タチテンモンドウ
Asparagus cochinchinensis (Lour.) Merr. var. pygmaeus (Makino) Ohwi
タチテンモンドウ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
不明
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

自生地は不明.園芸用として栽培される.

植物解説

多年草.草丈20~30 cm.立性で多数の茎を出し,こんもりと生育する.仮葉は3~4個が群生し,密生してスギのように見える.地下部には短い塊状の根茎があり,それから多くの紡錘形の貯蔵婚を出す.

クサスギカズラの小形変種.クサスギカズラ同様に薬用になると考えられるが,そのような資料は見出されなかった.自生地は不明で,開花した例が知られていないため,花や果実についても分かっていない.

薬効と用途

庭の下草,花壇の縁取りや鉢物として栽培される.