熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キキョウ科
Campanulaceae
ミゾカクシ
Lobelia chinensis Lour.
別名
アゼムシロ
ミゾカクシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ミゾカクシ
  • ミゾカクシ
  • ミゾカクシ
  • ミゾカクシ
英名
Asian lobelia, Chinese lobelia, Herba Lobellae Chinensis
中国名
半邊蓮
花期
5~9月
生薬名
半辺蓮(ハンペイレン)
薬用部位

全草

成分

アルカロイド(lobeline, lobelanine, lobelanidine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ミゾカクシ 化学構造式1
  • ミゾカクシ 化学構造式2
  • ミゾカクシ 化学構造式3
産地と分布

北海道~沖縄,および台湾,朝鮮,中国,インド,マレーシアに分布し,湿地や水田のあぜに生える.

植物解説

多年草.草丈3~20 cm.茎は細く匍匐するように長く伸び,節から根を出す.葉は狭い披針形.花は腋性し長い花柄を持ち,花冠は5裂する.さく果は上端で裂開,種子は広卵形で赤褐色.

薬効と用途

利尿,駆虫,消腫,解毒作用があり,尿閉や住血吸虫症による肝硬変腹水,下痢,皮膚化膿症,腫れ物などに用いる.毒蛇咬傷には生汁あるいは煎液を内服すると同時に生汁を患部に塗布する.