熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
ホソバオグルマ
Inula linariifolia Turcz.
ホソバオグルマ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ホソバオグルマ
  • ホソバオグルマ
  • ホソバオグルマ
英名
No Information
中国名
線葉旋覆花
花期
8~9月(年によって変動する)
生薬名
①旋覆花(センプクカ),②旋覆花根(センプクカコン),③金沸草(キンフツソウ)
薬用部位

①頭花,②根,③全草

成分

地上部にセスキテルペン(ineariifolianone, britanlin C, 2-desoxy-4-epi-pulchellin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ホソバオグルマ 化学構造式1
  • ホソバオグルマ 化学構造式2
  • ホソバオグルマ 化学構造式3
産地と分布

日本各地,および朝鮮,中国に分布し,原野や田のあぜなど湿った場所に生える.

植物解説

多年草.地下茎で繁殖する.茎は直立し,草丈30~60 cm,全体に毛がある.葉は無柄で互生,広い針形で先端が尖る.黄色の頭状花を1個ずつ枝の上端に付ける.そう果は長楕円形.

薬効と用途

頭花は健胃,去痰,消炎,利尿作用などがあり,煎液を服用するか,丸剤や散剤を服用する.胸のつかえ感,痰,嘔吐,しゃっくりなどにも用いる.根は鎮咳作用があるほか,つき潰して肉離れ,刀傷に外用する.外傷には煎液で患部を洗う.全草はカゼの咳,痰,脇の痛み,腫れ物などに用いる.