熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒルムシロ科
Potamogetonaceae
ヒルムシロ
Potamogeton distinctus A.Benn.
ヒルムシロ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヒルムシロ
  • ヒルムシロ
英名
pondweed
中国名
眼子菜,鴨子草,異匙葉菜
花期
5~10月
生薬名
眼子菜(ガンシサイ)
薬用部位

全草

成分

No Information

産地と分布

北海道~沖縄,および朝鮮,中国,東南アジアに分布し,湖沼や溜池,河川,水路,水田などに生育する.

植物解説

水中に生える多年草.水中茎は水深によって10 cm~3 m,先端または節の部分に殖芽を付ける.沈水葉は明瞭な葉柄があり,葉身は披針形,長さ5~16 cm,幅1~2.5 cm,葉縁には1細胞からなる目立たない鋸歯がある.浅い水中ではしばしば沈水葉を欠く.浮葉は狭長楕円形~楕円形,長さ4~11 cm,幅1.5~4 cm.托葉は長さ3~8.5 cm.花茎は長さ5~9 cm,花穂2~6 cm,やや密花.心皮は1~3.

薬効と用途

魚介類による食あたり,二日酔いに用いる.やけどには生の全草をすり潰し,醤油を少量加えて粘液状にしたものを患部に貼る.15世紀に中国で出版された『救荒本草』には,よく煮て食べられると記されている.