熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ラン科
Orchidaceae
セッコク
Dendrobium moniliforme (L.) Sw.
別名
セキコク,スクナヒコグスリ,イワグスリ
セッコク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • セッコク
  • セッコク
  • セッコク
  • セッコク
英名
the necklace-shaped dendrobium
中国名
細茎石斛
花期
4月
生薬名
石斛(セッコク)
薬用部位

成分

アルカロイド(dendrobine, nobilonine, dendroxine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • セッコク 化学構造式1
  • セッコク 化学構造式2
  • セッコク 化学構造式3
産地と分布

本州~九州,および朝鮮南部,中国に分布し,常緑樹の老木や岩石などに着生する.

植物解説

多年草.草丈5~25 cm.根茎は多数のひげ根を出す.茎は根際に多数束生し,節間は円柱形で2~4 cm,初め鞘に包まれる.葉は数個互生し,披針形で長さ4~7 cm,やや鈍頭.前々年の茎上部の節に1~2個白色か微紅色花を付ける.

薬効と用途

解熱,消炎,強壮,健胃作用があり,熱病による口渇,食欲不振,胃腸障害,インポテンツなどに用いる.セッコク属の茎を加工してバネや螺旋形に曲げたものは滋養強壮薬として茶の代わりに飲まれる.漢方:甘露飲.

セッコクの園芸品種群は”長生蘭”とよばれ,江戸時代から観賞用として栽培されている.葉の斑入り,茎や葉の変化を中心に様々なものが作出された.花の美しいものも「花物」として観賞される.

別名のスクナヒコグスリは少彦名神に由来する.少彦名神は大国主命とともに医薬の道を教えた神である.