熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

サンショウモ科
Salviniaceae
サンショウモ
Salvinia natans (L.) All.
サンショウモ
英名
floating fern, floating watermoss, floating moss, water butterfly wings
中国名
槐葉蘋
花期
花は付けない
生薬名
蜈蚣萍(ゴコウヒョウ)
薬用部位

全草

成分

No Information

産地と分布

本州~九州,および台湾,朝鮮,中国,ロシア,インド,東南アジア,ヨーロッパに分布し,池沼や水路,水田に生育する.

植物解説

浮遊する一年草.茎は長さ3~10 cm,まばらに分枝する.葉は3枚ずつ輪生し,そのうち2枚は対生して水面に浮かぶ浮葉となり,他の1枚は細裂して根のように水中に垂れる(水中葉).根は無い.浮葉は長楕円形で長さ8~15 mm,幅4~10 mm,短柄がある.表面には束になった毛が密生,裏面には軟毛がある.秋になると水中葉の基部に球形の大胞子嚢と小胞子嚢を形成する.

除草剤の利用,遷移の進行などにより各地で激減しており,熊本県の生育地は一カ所だけである.

薬効と用途

火傷には軽く炙り粉末にし,油で調えて患部に塗布する.鼻の毛嚢炎には本種一掴みのしぼり汁と酒一杯を混ぜて温服し,かすを患部に貼る.湿疹には煎じて服用する.日干しして焼き,煙でいぶすとノミや壁の虫が駆除できる.いずれも中国での用法である.