熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

シソ科
Ramiaceae
コシロネ
Lycopus cavaleriei H.Lév.
別名
イヌシロネ,サルダヒコ,ヒメサルダヒコ
コシロネ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コシロネ
英名
No Information
中国名
小葉地筍,朝鮮地瓜苗
花期
8~10月
生薬名
①沢蘭(タクラン)
薬用部位

①全草,②生の葉

成分

No Information

産地と分布

北海道~九州,および南千島,朝鮮,中国に分布し,湿地に生える.

植物解説

多年草.地下茎は横走し,多くの匍匐状の地下茎を伸ばす.草丈10~60 cm,基部から葉を対生する匐枝を伸ばす.葉は菱状狭卵形で長さ3~6 cm,幅1~2.5 cm,縁には粗い鈍鋸歯がある.花は茎の中部以上の葉腋に固まって付く.

薬効と用途

中国の一部(吉林省)ではシロネ(L. lucidus)の代わりに用いられる.以下はシロネの内容より転用.全草は体の血の滞りを治す作用があり,月経不順,月経痛,産後の浮腫,また打撲による内出血や捻挫,腰痛などに用いる.腫れ物には生の葉をすり潰して塗布する.