熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ハイノキ科
Symplocaceae
クロキ
Symplocos kuroki Nagam.
クロキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クロキ
英名
No Information
中国名
波縁山矾
花期
3~4月
生薬名
No Information
薬用部位

成分

No Information

産地と分布

本州千葉県および鳥取県以西,四国,九州,および済州島に分布し,照葉樹林に生える.

植物解説

常緑小高木.葉身は革質で光沢があり,楕円形~狭倒卵形,長さ4~7 cm,幅2~3.5 cm,上部にまばらな波状の低鋸歯があり,鈍頭または鋭頭.花序は駅性で,基部で分岐した穂状花序,長さ1.5 cm以下.果実は長楕円形で紫黒色に熟す.

薬効と用途

宮崎県日向市の民間療法として,小麦粉とクロキの灰に酢を混ぜ,練って打ち身の湿布薬にするというものがある.熊本県では枝葉を墓前に捧げる習慣がある.