熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒガンバナ科
Amaryllidaceae
シロバナマンジュシャゲ
Lycoris x albiflora Koidz.
シロバナマンジュシャゲ
英名
white spider lily
中国名
乳白石蒜
花期
9~10月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

九州を中心に分布し,山野の湿った場所や人家の近くに生える.

植物解説

多年草.鱗茎は広卵形.葉は秋に現れて翌年の夏までに枯れ,長さ30~40 cm,幅11~16 cm.花被ははじめ紅色や黄色を帯び,その後白く変わる.結実しない.ショウキズイセンとヒガンバナの雑種である.

薬効と用途

本種が薬用になるとの文献は見当たらないが,ヒガンバナと同様に利用できると思われる.ヒガンバナの白花品ではなく,ショウキズイセンとヒガンバナの雑種である.