熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ニガキ科
Simaroubaceae
ニワウルシ
Ailanthus altissima (Mill.) Swingle
別名
シンジュ
ニワウルシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ニワウルシ
  • ニワウルシ
英名
tree of heaven, ailanthus
中国名
臭椿,樗
花期
5月
生薬名
①樗白皮(チョハクヒ)
薬用部位

①根皮,②葉

成分

根皮にアルカロイド(canthin 6-one),トリテルペン(toosendanin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ニワウルシ 化学構造式1
  • ニワウルシ 化学構造式2
産地と分布

中国北部原産で,日本各地に帰化している.

植物解説

落葉高木.成長が早く,樹高20 mに達する.樹皮は灰色で滑らか.葉は互生し,奇数羽状複葉,小葉は6~12対,長卵形または波状披針形で先は鋭く尖る.雌雄異株.枝先に円錐花序を出し,緑色を帯びた白色の小形の花を開く.

薬効と用途

根皮には殺虫作用があり,殺虫剤,条虫駆除剤として用いる.また,慢性の下痢,こしけ,遺精などにも用いる.大量に服用すると激しい下痢を起こし,悪心,虚脱,冷汗,頭痛などが起こる.葉は皮膚病に用いる.