熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒガンバナ科
Amaryllidaceae
ナツズイセン
Lycoris x squamigera Maxim.
ナツズイセン
英名
resurrection lily, surprise lily
中国名
鹿蔥
花期
8~9月
生薬名
鹿蔥(ロクソウ)
薬用部位

鱗茎

成分

アルカロイド(squamigine, galanthamine, lycorine

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ナツズイセン 化学構造式1
  • ナツズイセン 化学構造式2
  • ナツズイセン 化学構造式3
産地と分布

中国原産で,日本では観賞用に栽培されたものが時に逸出して野生化している.

植物解説

多年草.草丈50~70 cm.地中に大きなラッキョウ状の鱗茎がある.葉は初め淡緑色,のちに白緑色,線形,夏に枯死する.高さ60 cmの花茎を出し,淡紅紫色の花を数個付ける.結実しない.

薬効と用途

関節炎,乳腺炎,腰痛には秋に鱗茎をとり,皮を剥いで水洗いし,すりおろしたものに小麦粉を少し加え,軟膏状にして患部に貼る.1日2~3回交換する.日本に自生しないLycoris longitubaL. sprengeriの雑種であると推定されている.