熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
ツチグリ
Potentilla discolor Bunge
ツチグリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ツチグリ
  • ツチグリ
英名
No Information
中国名
翻白草,翻白委陵菜
花期
4~5月
生薬名
翻白草
薬用部位

全草

成分

フェニルプロパノイド((6S, 9R)-roseoside)フラボノイド(rutin, kaempferol

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ツチグリ 化学構造式1
  • ツチグリ 化学構造式2
  • ツチグリ 化学構造式3
産地と分布

近畿地方~九州,および朝鮮,中国,台湾に分布し,山地や丘陵地の日当たりのよい場所に生える.

植物解説

多年草.草丈15~30 cm.根は主軸から叢生し,紡錘形に肥大する.全株に白い綿毛を密布し,茎は直立,分枝する.根生葉は奇数羽状複葉,茎葉は3出複葉,小葉は卵状長楕円形.花は黄色で集散花序となる.

薬効と用途

止血,抗炎症作用があり,吐血,下血,女性の陰部の不正出血,胃痛などに用いる.疥癬などの皮膚疾患に煎液を外用する.

根は食用となることから,栗に例えて名付けられた.生育する草地の減少により各地で数を減らしており,熊本県では野生が確認できなくなっている.