熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アジサイ科
Hydrangeaceae
ジョウザン
Dichroa febrifuga Lour.
別名
ジョウザンアジサイ
ジョウザン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ジョウザン
英名
No Information
中国名
常山
花期
7月
生薬名
常山(ジョウザン)
薬用部位

成分

アルカロイド(febrifugine, isofebrifugine, quinazoline

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ジョウザン 化学構造式1
  • ジョウザン 化学構造式2
  • ジョウザン 化学構造式3
産地と分布

東南アジア,中国南部に分布し,樹陰に生える.

植物解説

常緑低木.樹高約2 m.葉は対生し,長さ5~17 cm,先端は尖る.葉柄は1~2 cm.散房花序が枝頂または上部葉腋に付く.萼は管状,淡藍色,長さ約4 mm.花弁は5~6枚,藍色,長さ約8 mm,雄しべ10~12本.

薬効と用途

含有アルカロイドには抗マラリア作用があるが,同じ作用を持つキニーネよりもヒトマラリアに対しては効力が弱い.副作用として悪心,嘔吐,下痢,胃腸粘膜の充血出血を起こし,キニーネよりも毒性が強い.