熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ハナヤスリ科
Ophioglossaceae
コヒロハハナヤスリ
Ophioglossum petiolatum Hook.
別名
フジハナヤスリ,ナガバハナヤスリ,ハナヤスリ
コヒロハハナヤスリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コヒロハハナヤスリ
  • コヒロハハナヤスリ
英名
stalked adder’s-tongue, longstem adder’s-tongue
中国名
柄葉瓶爾小草,鋭頭瓶爾小草
花期
花は付けない
生薬名
一支箭(イッシセン)
薬用部位

全草

成分

フラボノイド(ophioglonin, ophioglonol, isoophioglonin 7-O-b-D-glucopyranoside)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • コヒロハハナヤスリ 化学構造式1
  • コヒロハハナヤスリ 化学構造式2
  • コヒロハハナヤスリ 化学構造式3
産地と分布

本州~沖縄,小笠原,および朝鮮,中国,南アジア,東南アジア,オーストラリア,ニュージーランド,北米南部,中米,南米に分布し,路傍や草地に生える.

植物解説

多年草.葉柄の先から栄養葉と胞子葉を出す.栄養葉は長さ2.0~5.5 cm,幅1.0~2.8 cm.胞子葉は長さ25 cmほどになる.胞子葉の先端に胞子嚢穂を付ける.

薬効と用途

急性乳腺炎,皮膚の化膿,疥瘡,打撲傷などに服用,外用する.中国で薬用にされる.

芝生や植え込み,鉢の中など思わぬところで生育を見かけることがある小さなシダ植物.